タグ別アーカイブ: 自律神経失調症

マスターナンバー11、私の生きにくさの原因の一つはこれにあった。

”引き寄せの法則”を信じている私。
あるきっかけで、桜舞さんという方と繋がることが
できて、私の目の前の世界が変わった。

高橋さん、瞑想やアロマなどいろんなことをやってます。
余談ですが、高橋さんのやってるアロマ、素手で触ったり、
飲んだりできるアロマオイルです。

高橋さんと話していて、数秘術のことを初めて知り、
その場で高橋さんが私の数秘術のナンバーを出して
くださいました。

そのナンバーがマスターナンバー11という、ちょっと特異な
数字だったらしいです。
私は、人の感情を必要以上に感じてしまうタイプのようです。

ちなみに高橋さんは、マスターナンバー22で、こちらも
特異な数字です。

その後、高橋さんに数秘術で私のことを調べてもらったのですが、
私の人生に起きていることをピタリと当てているのでビックリ!

現在私は「達成」状態にいるとのこと。
そういえば、昨年の誕生日あたりから、いろんなことが
腑に落ちて「なるほど!」「そういうことだったのか!」と
思えることがたくさんあった。

勝間塾で学んでいるけれど、勝間さんの言ってることが、
いまいちよく理解できなかった。

それが、急に理解できるようになった。
(勝間流に言うと非陳述言語の蓄積が無いと理解ができないため、
腑に落ちるまでは、非陳述言語の蓄積をしているらしい)

他にも、そのようなことがいくつかあったため、
それが「達成」だったのだろうと感じる。

今年のテーマは「解放」で、これも納得できる感じがする。
(数秘術の場合、誕生日から1年を考える)

タイトルに書いた全ての生きにくさの原因がマスターナンバー11と
いうことがわかったため、私は解放に向かっていくだろう。

マスターナンバー11について、調べてみると
「鋭い感受性」を持っていると書いてある。
この「感受性」というのがネックだった。

私は、はっきり言って「何かが見える」とか「聞こえる」
わけではない。

けれども「感じる」わけです。

これおも今までは、どんな人もみんな感じていると
思ってました。
それが、「感じない人もいる」ということを知ったのは
つい最近。

「感じる」というのは、自分でも意識していなかったので
全ての原因は自分の内側にあると思ってた。

自分の「メンタルの弱さ」「セロトニンが足りない」
セロトニントランスポーターも少ない」

そして病院に行けば「自律神経失調症」「不安神経症」とか
「パニック障害」とかの診断名がつく。

本人は「何かに怯えている」わけではない。
怯えているのは「パニックの発作」だけ。

パニック障害でありがちな「広場恐怖」とか「エレベーターに乗れない」
ということは無い。

現代医療で説明がつかないことが私の体には起きており、
自分の中の自分をひたすら見つめて「私はどうなってるの?」
と何年も考えてきた。

高橋さんとお逢いした途端、目からウロコの衝撃で
解決した!

すべてはマスターナンバー11だったから!!

これがわかって私の今後の人生は変わるだろう。

昨年の3月ぐらいだったかな?
なんとなく自分の向かいたい人生の方向性が見えてきて、
今は間違いなくこちらの方向へ行くべきだと感じている。

私は非常に「感じる」と「感じる」ことが多い。

知らない人と逢った時に「合わない」と感じる。
見ただけで「この人なんか違う」と感じる。
「感じる」けれど、その意味がわからない。

場所も同じで「なんかこの場所、嫌い」と感じる。
だから近づかない。

テレビのニュースも殺人事件ばから報道しているので
観なくなった。

殺人事件のニュースを見ると、わけのわからない
オーラのようなものに引っ張られてしまうと感じる。

人混みも避けている。
人が多い所にいくと疲れて気分が悪くなる。

仕事などの研修も数十人なら大丈夫だけれど、
数百人規模になると、数時間なら耐えられるが
1日中だと終わった頃には、めまいが起きたり、
クラクラして貧血のような状態になる。

書き上げたらキリが無いくらい、いろいろある。

考えてみれば、名古屋市に住んでいたけれど、
今は信州の山奥にIターンしている。
根本原因がここにあるのがわかる。

ようするに人が多いところでは生きていけないと
本能的に感じていたのだと思う。

今、世の中には「ひきこもり」や「うつ症状」のような
精神的な部分で外に出られない人々がいるけれど、
そういう人の中にマスターナンバーが11や22の人が
多数いるのではないかと高橋さんとお逢いして
感じた。

そんな人に数秘術を知って楽になって欲しい。

それではまた、寄りましょ♬

©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる