マスターナンバー11が試された雪の夜の帰り道。

小諸の桜舞さんに瞑想とアロマと数秘術のレクチャーを
受けた帰り道。

その日の天候は徐々に悪化、風雨が強くなったと思っていたら、
それが夜には雪に変わって、あわや帰宅不能の事態に!

冒頭に書いたように、その朝、小諸へ車で向かった私と息子。
いつも乗ってる軽自動車はパートタイム四駆なのですが、
今日は遠出なのでFFの普通自動車出かけた。

雪の予報は出ていたけれど、この時期すでに暖かくなって
きており、積もることは無いと思っていた。
雪が降っても夕方から、それまでには帰ってくる予定。

お昼すぎまでレクチャーを受けて、せっかく遠出したのだから
上田で買い物でもしょうとイオンとアリオに寄ってみた。

ちょうど息子の水筒が壊れたので、購入しようと息子を
連れてきたのに好みのものは無かった。

急いで必要というわけでもないので、食料品を購入して、
帰宅することに。

時間はまだ夕方の4時前、これから帰れば5時には自宅に到着。

実は北向観音へも行きたかったのだけれど、雨が本降りに
なっていたため、そのまま帰宅することに。

駐車場から出ようと思った所、すぐに渋滞に遭遇!
脱出するのに30分ほど時間をロスしてしまった。

その後、帰宅を急いだが、アリオから峠のほうへ向かうにつれて、
雨が大粒の雪に変わってきた。
湿った重い雪が道路にシャーベット状に積もっている。

雪の高速出口
いつもの車なら四駆なので心配ないけれど、今日の車は
FFなので、微妙に滑りながら轍から外れないように運転。

峠の入り口の上りで前方に停まっている乗用車を発見!
どうも登らないようでチェーンをつけるらしい。

自分も停まったのが運のつき。
坂道を登らなくなってしまった。

少し離れたところに後続車の軽自動車がいたので、
ハザード出して、先に登ってもらう。

この先は、魔のヘアピンカーブを登っていかなければならず、
ここで止まってしまったことを考えると、カーブで
ブレーキを踏んだら、どうにもならなくなることが
予想できる。

というわけで、Uターンすることもできず、そのまま
バックで坂道を降りた。

雪が降ってて交通量が少なくて良かった。

その後は来た道を戻りながら、どうしようか考える。

一番簡単なのは、どこかに「泊まる」という選択だけれど、
明日、息子は学校がある。(自分は土曜日出勤したので休みを取った)

二人で泊まれば、お金もそれなりにかかるので、
なんとか帰宅したい。

他の道も考えるが、どの道を通っても峠を超えなければならない。

ずっと遠回りになるけれど、高速を通って帰る道がある。

高速ならば、塩カルが撒いてあったり、除雪がしてあるかも
しれない。
淡い期待をかけて高速で帰ることに!

しかし、ここで問題が・・・。
上田には高速道路の入り口が無いはず。

もともと信州人でないので、土地勘がなく高速道路入り口へ
行くまでが怖かった。

車のナビは古くて使えないため、iphoneでナビをさせたいが、
息子はiphoneのナビの使い方を知らない。

これ以上、遅くなりたくないため止って設定したくない。

口頭で息子に指示しながら、やっとiphoneでのナビの
設定ができた。

高速道路に乗るまでにガソリンも入れたいと思っていたのに、
知らない道を走っているから、ガソリンスタンドが見つからないまま
高速に乗ってしまった。

ガソリン残り2メモリしかない。

上信越道坂城インターから乗って、安曇野インターまで高速に乗るつもり。
ガス欠にならないことを祈るしかない。

高速に乗ると、雪のため渋滞中。
前方で事故もあったらしい・・・。

ガソリンが少ない上に渋滞、おまけに積雪の三重苦。

坂城町から標高が上がるに連れて積雪の量は増えていく。
渋滞でのろのろと走っている車のおかげで、道路の積雪量は
増えないように思えるが、止まってしまったら動き出せるか心配。

有り難いことに、この区間はトンネルが多く、トンネル内は
快適に運転できる。

緊張と不安でノドはカラカラになる。
水筒の紅茶でノドを潤したり、持ってたのど飴を舐めたり、
極度の緊張でパニック発作が起きるといけないので、
持ってたペパーミントとオレンジのブレンドオイルの
香りを嗅いだり・・・。

そして100回ぐらい、神様と仏様に「無事に帰れますように」と
お願いしたり・・・。

帰宅するまで生きた心地がしませんでした。

途中、事故で車が横転してました。

高橋さんの話によると、雪や雨が降るのは浄化のしるし。
マスターナンバー11であることを知った私。
瞑想をすることにした私。

まだまだ未熟な私は、浄化が必要だった?

高橋さんが言うには「試されたね、マスターナンバー11を!」
ということらしい。

自分の役割、人生の目的に気がついた私を、
神様?が試したのかどうかは誰にもわかりません・・・。

が、そんな気がした雪の夜の帰り道でした。


マスターナンバー11が試された雪の夜の帰り道。」への1件のフィードバック

  1. Hello fantastic blog! Does running a blog like this require a large amount of work?
    I have absolutely no expertise in programming but I was hoping to start my own blog in the near future.
    Anyways, should you have any ideas or techniques for new blog owners please share.
    I understand this is off topic but I simply wanted to ask.
    Appreciate it!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる