2週間連続でスケジュールの勘違い!googleカレンダーに色をつけてみた。

水曜日と木曜日のスケジュールの予定、記憶と記録が一致しておらず、
2週間連続で勘違い。
先週は木曜日の研修を水曜日と勘違いして出かけたらやってなかった。
今週はアポを木曜日に入れたのだが、水曜日と勘違いしており
出かけたら、相手が来なかった。

「二度あることは三度ある」ということわざもあるため、
3回目が無いよう対策を考えた。

黒板消しとチョーク

勘違いの原因は月曜日始まりと日曜日始まりのカレンダー

原因は月曜日始まりの手帳Googleカレンダー、日曜日始まりの
会社で使っているカレンダーの違い。

私はスケジュール管理はGoogleカレンダーで行っているが
マンスリーの手帳でも管理している。
Googleカレンダーは、通知機能があったり、定期的に繰り返す作業を
インプットするのに便利。

難点は、すぐにスマホで確認できるという安心感から、
インプットしたスケジュールが記憶に残りにくいこと。

年とともに短期記憶の能力が衰え、ワーキングメモリーも
減ってきている。
この部分をGoogleカレンダーで補ってきたと思っていたけれど、
補いきれていなかった。

きっちりスケジュールを記憶しておらず、Googleカレンダーの
画面のイメージで記憶しているので、週の真ん中の水曜日と
木曜日のスケジュールのイメージがあやふやになる。

Googleカレンダーに色をつけてみた

勘違いをしないために木曜日の部分は薄紫に色をつけてみた。

Googleカレンダーの木曜日は紫色。
Googleカレンダーの木曜日は紫色。

これでGoogleカレンダーを見た時のイメージが、水曜日と木曜日で
変わることになる。
手帳も木曜日の部分は、紫色の枠でかこんだ。

付け加えて、木曜日はバッファ日とし、基本的にアポなどは
入れない日にする。

仕事が溜まってきたときには、バッファ日で調整する。
Googleカレンダーにインプットしたスケジュールは、
その日のうちに手帳へ書き写す。

「書く」という作業によって、記憶に残りやすくする。

今日から実行してみて、スケジュール管理がうまく回っていくか、
記憶違いは起こらないか確認していくことにした。

バッファについての考え方については、美崎栄一郎さんの
仕事ができる人はなぜ「あそび」を大事にするのかを読んでみて下さいませ。


©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる