幸運の女神さまには前髪しかない。チャンスは一瞬、迷っていると手遅れになる。直感を信じて感情や思考で判断しない。

「幸運の女神さまには前髪しかない」ということわざを
聞いたことがあるでしょうか?

目の前にチャンスが向かってきている。
その向かってきているときに、捕まええれば、
前髪を掴むことができるけど、
通り過ぎた時は、後ろ髪が無いから掴むことができず、
チャンスは通り過ぎていってしまう。

一瞬の判断の選択で幸運を掴むか、
逃すかが決まってしまう
ということわざですね。

幸運が目の前にあっても、それがチャンスだと思えなければ、
幸運もつかめないのですが・・・。

一瞬、というか直感で「これはチャンスだ!」って
思う時ってありませんか?

その思った一瞬は、やってみよう!と思っているんですが、
冷静になって考えてみると、自信がなくて行動に
移せない・・・。

思っても行動しないと何も変わらないですよね?

先日も、そんな出来事を見かけたのですよ。
何人かで集まって喋っていた時のことです。

あるスポーツを習いたい人がいたと一人が言ったのです。

だったら、教えられる人知っているよ。
とメンバーの数人が答えます。

そして、紹介できると思うとも言います。

ここで、前髪を掴むのがチャンスを掴む人ですね。

ところが、その人は、それから、いろいろと
言い訳を言うのですね。

「やってみたいけど、できるかどうかわからない」
「自分とレベルが同じ人達じゃないとイヤ」
「上手い人とは一緒にやりたくない」
「自分に合わせてやって欲しい」
「家のことがあるから、夜はダメで昼間がいい」
「遠くまでは通えないから、家の近くでやってほしい」

その話を聞いて、相談すれば合わせてやってくれるんじゃない?
と周りの人は言うわけですね。

周りの人は、じゃぁ、こっちのスポーツじゃぁだめ?
と代替案も出してくれるのですね。

でも、本人は納得しない様子。

結局、その話はうやむやになってしまいましたとさ・・・。

何が言いたいかというと、直感でやりたい!!って
思った時って、神さまが与えてくれたチャンスじゃないかと
思うわけですね。

そのチャンスを、感情や思考で否定して、
逃してしまっている。

そこで行動していれば、何かが変わったかもしれないけど、
何も行動しなければ、ずっと変わらない・・・。

人間は本能的に安心安全を求めるようにできているので、
それは仕方がないことなのです。
そこで一歩を踏み出せるかどうか、
その一歩の積み重ねで人生が変わるのではないかと、
最近、思うのですね。

こんなことを書いている私も、
上のようなことを何度も繰り返してきて、
チャンスを逃してきたんだなぁと思うのですね。

やっぱり、いつもと違うことをやるのは怖いんです!

若い頃は、平気でいろんなことに挑戦できたのに、
年とともに、挑戦することが怖くなってきた
自分がいる
のですね。

でも、そこを乗り越えて行動してみたからこそ、
見える景色もある
んです。

私は昨年の今ごろ、太極拳を訓えるという挑戦
したのです。

その時は「こんな私が訓えて大丈夫なの?」
「もっと上手な人がいるでしょ?」
「下手くそって言われたら?」

とかなんとか、思っていたわけです(笑)

実際、訓え始めてみると、見えなかった景色が
見えてくる
んですね。
もちろん、訓え始めて、一気に自分の技術が
上達するわけではないけれど、教えられている時よりも
訓える方が大変なので、今まで以上に技術も
知識も学ぼうとします。

この一年で、私の太極拳の技術と知識は、それまでの
何年かで得たものの数倍、それ以上に上がったのでは
ないかと思う
んですね。

なので、チャンスは一瞬!
感情や思考で言い訳しない。
直感で思ったら、行動に移してみる。

行動に移してから、考え直すこともできるのですから・・・。


©:2018みぜっとの6割主義でゆるく生きる