月別アーカイブ: 2017年1月

マネジメントとコントロールの違いについて考えてみた。似ているようで全然違うんでない?

易経の読み解きを毎朝やっているのだけれど、
「地天泰」四爻が出て、意味がわからず考えていた。

それについてはFBにアップしているので、
そこから気づいたマネジメントとコントロールの
違いについて書いてみたい。

辞書で調べると、マネジメントは
「経営、管理。または経営者、管理者」
コントロールは「自分の思うように動かすこと。
うまく調節・管理すること。統制。制御」
と書いてある。

文面から感じる大きな違いは、コントロールには
自分の意思が入っていること。

例えば、コントロールを考えてみると、
「病状をコントロールする」とか「体重をコントロールする」
などと使うので、病状ならば医療関係者と自分がともに
コントロールをして、より良い状態にしていくような
感じがする。

体重にいたっては、自分の意思によってしか
コントロールはできないものだと思う。

わかりやすい言い方をすれば、自分の体重を
コントロールするのは、自分の意思であるけれども、
適正体重を維持するためにはマネジメントが
必要になる。

最低限な必要カロリー以上にカロリーを摂取しなければ、
体重が増えることはないのだから、カロリーオーバーに
ならないように食生活をマネジメントして、食べすぎた場合は、
運動などによってカロリーを消費するようにマネジメントし、
適正体重を維持できるようにする。

日本語訳にはどちらも「管理」という言葉が入っているが
意味合いは違うと思う。

そこから発展させてみると、世の中には
コントロールが溢れているのではないかと思う。

例えば、会社を考えてみるとわかりやすい。
ほとんどの会社は出勤時間や退社時間は一応、
決まっている。
フレックスタイム制を取っている会社は大きな会社に
限られているのではないか・・・。

もちろん、その時間帯でないとできない仕事も
あるために一概にコントロールが悪いとは言えない。

例えば、工場労働を考えてみる。
ラインについて仕事をすることを考えると、
きまった時間に人がきちんと配置されなければ、
ラインを動かすことができない。

ゆえに、その時間に機械を動かすために、
人材をコントロールすることになる。

自分もラインについて仕事をしてみたことがあるが、
これは、まさにコントロールのたまもの。
機械に合わせて人間が動く。
ラインが動いている間は、トイレへ行くこともできない。

ラインを動かし、人員を配置し、適正な数量の
製品を生産するということを考えると、こちらは
マネジメントの範疇になると考えられる。

ラインをコントロールしただけでも、
人員をコントロールしただけでも、
製品は生産されない。

一連の作業をマネジメントしてこそ
製品ができあがる。

ここから考えてみると、コントロールは
より小さな場面、意識で行うことで、
マネジメントはより大きな場面、意識で
行うのではないかと考えられる。

ここで最初に書いた易の話しに戻るのだけれど、
易では大きく分けて「大人」と「小人」という考え方をする。

会社組織で考えると「大人」というのは経営者、
「小人」というのは、従業員、と考えると
わかりやすいかもしれない。

「大人」、今でいうところの経営者は、会社全体の
マネジメントを考えている。

「小人」、今でいうところの従業員はというと、
あまり会社全体のマネジメントについて
考えている人はいないのではないかと思う。

だからといって、従業員の中に、「大人」というか
経営者としてのマネジメントをできる人が
いないかと言えば、そうではないと思う。

そこが何か、今の世の中の闇の部分のような
気がしている。

上に立つ立場の人の器量、度量が
問われているのかもしれない・・・。

社会的地位が低くても、器量、度量が大きい人が
いるのは確かな現実。

「地天泰」の四爻を読み解いてみて
それを感じた。

©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる