月別アーカイブ: 2016年2月

易経の雷山小過は、やり過ぎなければOKなのか? 地山謙との違いは?

易経の「雷山小過」について、自己流に解釈してみた。

小過。亨。利貞。可小事不可大事。
飛鳥遺之音。不宜上宜下。大吉。

小過。亨。正しいことに利がある。
小さい事はやってもいいが、
大きなことはやってはいけない。

飛ぶ鳥が(羽の)音を残して飛んでいった。
上へ昇るのは不可。下へ下るのは可。
(鳥は上へ飛んでいこうとすれば大変だけれど、
下へ下るのは自然である)
(そうすれば)大吉。

彖曰、小過。小者過而亨也。
過以利貞。与時行也。

彖曰、少し過ぎる。小者が過ぎて通るなり。
(雷山小過の卦は、陽が2本で陰が4本のため、
陰は小者と考えるために、全体の割合が
小者の陰がが4本で陽より多い)
過ぎて以って、正しきに利あり。
(小者が多すぎるけれども、
正しいことをしていれば利がある)
時を与えて行うなり。
(時に従って行う)

柔得中。是以小事吉也。
剛失位而不中。是以不可大事也。
有飛鳥之象焉。飛鳥遺之音。
不宜上宜下。大吉。上逆而下順也。

2爻の陰は、陰の位置に陰でいるため
中を得ているので、小さいことは吉。
5爻の陰は、陽の位置に陰でいるため、
力が弱いため、大事は不可。

飛ぶ鳥が(羽の)音を残して飛んでいった。
鳥は重力に逆らって上へ飛んで行くのは
大変だが、下へ降りてくるのは自然である。
(鳥は飛び上がっても、天まで飛んでいくことはなく、
やがて下に降りてくる)
上を目指さず、下に降りれば大吉。

象曰、山上有雷小過。君子以行過乎恭。
喪過乎哀。用過乎儉。

象曰く、山の上に雷があるのは小過である。
君子は、敬い慎むことを過ぎるほどに行う。
喪に服す時は、悲しみを過ぎるほどに、
お金を使う時は、慎ましく、無駄遣いを
しないようにする。

わかりやすく拡大解釈していくと、
喪に服す時は、悲しみ過ぎるぐらいに
悲しみ、何かにお金を使わなければ
行けない時は、慎ましく、無駄な
お金を使わないように最低限にする。

雷山小過

まとめ

雷山小過は陽爻が2本、陰爻が4本で、
陰爻が過ぎる(多い)ために小過(少し過ぎる)
とするらしい。

また、真ん中の陽爻2本を鳥の胴体に見立て、
両側の陰爻2本を翼に見立てて、鳥が空を
飛ぶ様子になぞらえて卦の意味が書いてある。

この卦の全体の様子から考えて
意味を拡大解釈していくと、
大きな意味としては、小さいことは可。
大きなことは不可。

自分が2爻の立場ならば、
2爻が陰で中を得て、5爻が陰で
中を得ているが、5爻は陽が
正しい位置なので、5爻は弱い。

少しやりすぎても5爻の勢力が
弱いので通る。
ただし、それは正しいことであり、
時を選んで行ってこそ通る。

自分が5爻の立場ならば、
自分の力が弱く、2爻の力が強いため、
通らない。
だから、上へ上ろうとしないで、
時勢に逆らわないように下へ降りる。

「小過」なので、積極的にやり過ぎるのは
よくないが、消極的に(やり)過ぎるのは良い。

題名に書いた「やり過ぎなければよいのか?」
については、そんなに単純なものではない。
爻の意味によって、違ってくる。

「地山謙との違いは?」については、
地山謙は、天の道に従って徳を持って、
「謙虚」に行うけれども、
雷山小過は、天の道は関係ないらしい。
時に従うとか、時勢に従うという
ことになるらしい。

地山謙は、条件付きで大きな川を渡っても良いが、
雷山小過は、間違っても大きな川を渡ってはいけない。

要するに、地山謙は条件付きで
大きなことを行ってもいいが、
雷山小過は、間違っても大きなことは
やってはいけない。

という自己解釈になるが、どうだろう・・・。


©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる