月別アーカイブ: 2015年8月

河村真光さんの易経読本が増刷された!みんなで注文すると増刷される?

易経を学ぶ中で大変なことが、六十八卦の読み解き方。
ネット上にも読み解きがアップされているが、
やはり一番は、わかりやすい本見つけること。
個人的に易経の本の選び方、お薦め本はというと、
河村真光さんの易経読本である。
この本は、互卦、綜卦、錯卦についても書いてあり、
独自解釈
も興味深い。

私が受講している日本易経協会でも
お薦めの一冊となっている。

私より前に協会で勉強した方たちは、
この本を手がかりに易経を勉強していたらしいが、
私が勉強を始めた時には、アマゾンにも楽天にも
新冊が無かった。

松本市で一番の蔵書を誇っていると思われる丸善へ
行って探してが見つからなかった。
どうしても欲しかったため、丸善から出版元である
河村推古書院株式会社へ問い合わせてもらったが、
在庫は無いとのことだった。

こうなると中古本を探すしか無い。
アマゾンで検索し、中古本の値段をみたが、
8000円以上の値段がついていた。
もとは3024円の本が、倍以上の値段。

ダメ元で、アマゾンの新刊に発注をかけておいた。
一緒に勉強した方も、同じようなことをしていた
ようだ。

しばらくすると、安い中古本がアマゾンに
載った。
知り合いの方から教えていただいて、
速攻で購入!
値段は、3200円ぐらいだったと思う。

本が手に入ったため、アマゾンの新刊の注文を
一旦は取り下げた。

そして、月日は流れて・・・。
易経読本、毎日のように使っているので、
カバーをして使っているものの、徐々に
くたびれ感というか、ボロボロとまでは
言わないけれど、擦り切れ感や、汚れも
目立ってきた。

この本、多分、一生使うんだろうなぁ・・・。
と思ったため、保存用にもう一冊購入することに
した。

再度、アマゾンの新刊で発注をかけた。

在庫がないので、届くこともなく、さらに月日は
流れて・・・。

ある日、Mailが届いた。
数日後に、易経読本を発送すると・・・。

本当に届くかどうか、疑心暗鬼で待つ日々。

予定日当日、仕事から帰ると、間違いなく
易経読本が届いていた。

そのことを日本易経協会の講師の方に伝えると、
講師の方も突然、楽天ショップで購入できるようになったと
言っていた。

よくよく見てみると、易経読本第二刷、
前に中古で購入した本は、平成20年12月10日の初版本。

今回届いた本は、平成27年8月17日、初版第二刷で
増刷されたもの。

みんなで易経読本の注文をしたら、増刷できたと
いうことになるのか?

どちらにしても、易経読本は何度読んでも
気づかされることが多い、お薦めの一冊である。

易経って何なの?って思う人にお薦めな本も
選んでみた。
本格的に勉強するには、内容が軽いのですが、
わかりやすいので、とっかかりの1冊には
良いかもしれません。

〜〜〜インフォメーション〜〜〜〜〜〜〜
簡単に易占ができる道具に投げ算木というものが
あります。
これを購入すると、けっこうなお値段がします。

というわけで、角材から手作りで投げ算木を
作って、占ってみようという企画を考えています。
易経ってどんなものか、ちょっとだけ体験できるような
イベントにしたいと思ってます。
詳しいことは徐々にこのブログとFBでお知らせ
していきますので、よろしくお願いします。

場所は松本市、日時は10月11日(日)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それではまた、寄りましょ。

©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる