月別アーカイブ: 2015年7月

「手放す」ということの意味。瞑想講座で自分の想いを手放す方法の一部がわかった!

物ついては「手放す」方法は理解できる。
「捨てる」とか「譲る」とかで可能になるが、
自分の「思い」とか「感情」を手放す方法が
わからない。

瞑想講座を受講していると「手放せばいいんだよ〜」
と言われるので、ずっとどうやって手放したら
いいんだろうかと考えていた。

ネットで調べたり、本を探したり・・・。

ガラスの天使

3回目の瞑想講座で、その一部が理解できた。
今回のテーマは「癒やし」

自分を「癒やす」ことが「手放す」ことに
繋がる。

例えば、今の自分の状況について考えると、
職場での不満が多々ある。
不満=感情
その感情を追っかけるのではなく、受け入れる。

ある一つの考え方としては、
自分は今の職場に不満がある。
でも、今の職場は自分が選択した。
だから、自分の責任、我慢するしかない。
我慢するのが嫌なら辞めればいい。
辞めたら、次の仕事があるか不安である。

もう一つの考え方としては、
自分は今の職場に不満がある。
だが、職場全部に不満があるわけでは無い。
職場の一部に不満がある。
その一部というのは、一部の人との人間関係。
どの職場に行っても、完璧な職場は無い。
今の職場は自分が選択した。
自分にも責任があることは理解できる。
本当に我慢するしか方法は無いのか?
我慢が嫌なら辞めるしか方法は無いのか?
辞めたら、次の仕事は本当に無いのか?

最初の考え方では、同じことを繰り返し
転職したとしても同じ。
自分の感情の中に「不満」があるのだが、
職場そのものに「不満」があると置き換えて
いる。

ようするに「手放す」ことができていない。

二つ目の考え方は、とりあえず自分の
感情に正直になり、その感情を受け入れてみる。
私はその人が嫌いだ!

そう「嫌いだ!嫌いなんだ!!」
自分の中に刷り込まれた観念の中に
「人とは仲良くしなければならない」
というものがあった。

小さい時に親から言われた。
先生からも言われた。

「お友達と仲良くしないさい」

その観念が大人になってからの
人間関係のボトルネック
になっていた。
「嫌いだ!嫌いなんだ!!」という想い。
それは職場の嫌いな人に対する感情なのか?

もしかしたら、自分は自分のことが
「嫌いだ!嫌いなんだ!!」と思っていないか・・・。

いつまでたっても人間関係がうまく築けない自分。
一部の人は絶対に受け入れることができない自分。

そういう思いが巡り巡って自分を苦しめている。

そうなのだ!自分は
全ての人を認める人になりたい」
思っていながら「自分を認めることができていなかった」

まずは自分を受け入れてみる。
そこから「手放す」ことが始まる。
そして、自分を癒やすことを
少し気にかけてみる。

誰かのために何かをしてあげたい。
誰かを癒してあげたい。

その「誰か」というのは?
もしかして・・・「自分」では?

瞑想講座の講師の方が言っていた言葉が
今になって心に突き刺さる。

それではまた、寄りましょ。

瞑想講座については下記のリンクをどうぞ。
Healing Space 桜舞-SAKURAM-

©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる