月別アーカイブ: 2014年10月

台所の三角コーナーは、使わないほうが効率化できる。

家事は、ひたすら効率化を考えているミゼットです。
効率化するには、手間を減らすことが重要!

台所では、三角コーナーを使わないことが効率化に繋がります。

《三角コーナーを使わないメリット》
・流し台が広く使える。
・三角コーナーを購入したくてもいい。
・三角コーナーを洗わなくてもいい。
・臭いニオイがしない。
・コバエが発生しにくい。
・流し台の汚れが少なくなる。
・三角コーナー用のゴミ袋が必要ない。

三角コーナーを使わなければ、当然、そのスペースが
広く使えるため、洗い物をするときのストレスが
少なくなる。

三角コーナーには、台所で出た多種のゴミを捨てるため、
汚れてぬるぬるになって洗うのも気持ち悪い。
気持ち悪いから、見ないふりをしておくと、
カビが発生してエライことになってしまう。

これを洗うには、勇気が必要!

夏場などは、暑さでゴミが腐って異臭を放ち、
コバエなども発生する。

お鍋に残ったカスなどを、水と一緒に捨てるため、
三角コーナーから、汚い水が流し台に流れ出て
流し台が汚れる。

当然、汚れた水が増えれば、環境によくない。

三角コーナーを使っている方は、多分、三角コーナー用の
ゴミ袋を使っていると思うのですが、使わなければ
それも必要ないため経済的で袋分のゴミも減る。

三角コーナー用のゴミ袋をストックしておく必要もないため、
ストック用の場所も必要ない。

それでは、生ゴミをどうするかというと、
直接、レジ袋を入れたゴミ袋に捨ててしまう。

我が家は、フタの無いメッシュのプラスチック製の
ゴミ箱を使っているけれど問題なし。

これに抵抗がある場合は、豆腐やヨーグルトなど、
食品のトレイに一旦、溜めたあと、そのまま
ゴミ箱に捨てる。

水がポタポタ垂れるほどの生ゴミを
そのまま捨てるとゴミ箱が大変なことになるけれど、
野菜の皮程度の生ゴミなら、レジ袋で十分に水分対策が
できます。

問題は茶殻など、水分が多いもの。
急須には100均で売っている網を入れて、お茶を入れれば
こちらも茶殻と水分がキッチリ別れるため問題なし。

その他、お鍋などにこびりついたカスは、そのまま
排水口に流します。

排水口にだって、ゴミが流れないようにアミ?のようなものが
ついているため、ここでゴミをシャットアウトすれば
問題なしと私は考えます。

この排水口の部分を洗うのは、勇気が必要ですが・・・。

三角コーナーを使わないだけで、メリットがいっぱい!

6割主義の私にはピッタリの効率化が、三角コーナーを
使わないことで実現できます。

©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる