カテゴリー別アーカイブ: パニック障害

薬を飲んでる間に、パニック発作が起きたときの自分なりの対処法を見つける。

前回の続きです。

パニック障害になったら、発作に怯える日々を
過ごすことになります。

私の場合は、発作が起きるのが怖くて薬を飲んで
対処しました。

薬を飲まないという選択もあると思います。

薬を飲んでいるから全く発作が起きないかといえば、
そうではないので、飲む飲まないは本当に自分が
どうしたいかの選択だと思うのですよ。

ただ、薬を飲んでいることで、発作は多分起きないと
思えることが重要だと私は思います。

もし、発作が起きたときは、頓服のワイパックスを
飲んで対応しました。

数年にわたり薬を飲んでいた私ですが、最初の数年は
薬に頼りきっていたのではないかと思います。

多分、一度、よくなったと思って薬をやめたときあたりから、
ちょっと考え方が変わったのではないかと思います。

その頃なのかどうかわかりませんが、太極拳を習う
ようになり、呼吸法を学びました。

しっかりとした腹式呼吸、それも逆腹式呼吸が
できるようになるにつれて、何かがかわってきたのでは
ないかと思うのですよ。

何かというのは何かというと、多分、自律神経の
調え方がわかったのではないかな?

自律神経というのは、内蔵を支配しているらしいのです。
自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
交感神経は体を緊張させ、副交感神経はリラックスさせます。

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph95.html

上のページの下の方「なせ、ストレスが心臓病を悪化させるのか?」
という見出しのところに表を見るとわかりやすいです。

交感神経が優位になると血圧が上がって、心拍も上がります。

発作のときは、普段は上が100に満たないときもある
私の血圧が140ぐらいに跳ね上がり、心拍数も73ぐらいが
100回ぐらいになります。

ちなみに発作が起きたときにお医者さんへかけつけて、
酸素飽和度を測ってもらったことがあるのですが、
全く問題がなかったです。

要するにパニック発作のときは、交感神経が異常に興奮状態に
なっているということらしいのですね。

ならば、交感神経を抑えて、副交感神経を優位にさせれば
いいということです。

これが先ほど、書いた太極拳の呼吸につながるのですね。
なんでも、呼吸は吸うときには交感神経が優位になり、
吐くときには、副交感神経が優位になるそうです。

太極拳の呼吸は、吐くときの息を吸うときの息よりも
2倍から3倍ほど長い時間をかけます。

これだけで、副交感神経を優位にしている時間が
長いことになります。

ですので、発作が起きたときは、とにかく息を吐く時間を
長くするように心がけました。

まぁ、発作が起きているときは、どうしても呼吸が
浅くなって太極拳をしているときのような、深い呼吸、
腹式呼吸をすることが難しいですが・・・。

ただ、吐く息を長くするのが難しいことが体験で
わかったので、何かをしながら吐く息を長くしていけば
いいと思ったのですね。

ネットで調べてみると、歌を唄うといいとかって
書いてありました。
確かに歌を唄っているときは、一瞬で息を吸って、
吐きながら唄いますからね。

他にお経を唱えるのもいい感じがしました。
般若心経などは、ちょっと長いので、これを唱えて
みるのもいいと思います。

お経も一瞬で息を吸って、息が続くところまで、
唱えて、また一瞬で息を吸って・・・の繰り返しですから。

般若心経は長くて覚えるのが大変ならば、
真言なら短いので覚えやすいと思います。

短いのは、吐く息を長くできないので、
ちょっと長いのがおすすめですよ。

光明真言は「おんあぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら
まに はんどま じんばら はらばりたや うん」

不動明王真言は「のうまくさんまんだ ばざら だん 
せんだまかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん」

虚空蔵菩薩真言は「のうぼう あきゃしゃきゃらばや
 おんありきゃ まりぼり そわか」

このあたりの真言が、長めなので息を吐く時間が
長くなると思います。

これを何度も繰り返しているうちに発作は
収まると思います。

私の経験では30分以上続いた発作はないです。

心臓がドキドキして、手足が冷たくなったり、
ガタガタ震えがきたりして何事が起きたかと怖くなりますが、
今のところ生きています。

誰か相手をしてくれる人がいるときは、話を聞いてもらうのが
いいと思います。
ただし、ただ、話を聞いてもらうだけですね。
アドバイスは必要ないです。

パニック発作は、体験した人でないとわからないですからね。
「気のせい」なんて言われると、発作がひどくなりそう・・・。

好きなことに集中するのもいいと思います。

意識がパニック発作に集中しないような行動を
こころがけることができるようになると、
発作を受け入れることができるようになると
思うのですよ。

パニック発作は、本当に怖いですよね。
そこを受け入れて、発作が起きても大丈夫と思える
自分をみつけることで、なんとか対処ができるのかも
しれません。

こんなことを書いている私でも、やはり発作が
起きたらイヤだし、発作が起きないで一生を
過ごせることができたらいいと思っているのですよ。

©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる