カテゴリー別アーカイブ: 文具

来年は本田健さんの「未来を開く手帳2017」を使う。

カズンは使わない

長年使ってきた「ほぼ日手帳カズン」を来年は使わない。
ここ2年ほど、ほとんど書かなくなって白紙のページが
増えたから・・・。
ライフログを中心に書いていたカズン、ライフログを
書いてもほとんど見直すことが無い自分に気づいたので
学びの手帳にしようと思ったが、こちらも続かないし、
やはり見直すことが無い。

スケジュール管理はデジタル

スケジュールはgoogleカレンダーで管理し、
手帳にメモしていた様々なことはEvernoteに
メモ
するようになった。

閃きなどは、手のひらサイズのメモ帳に
メモして、あとで手帳などに書き写していたが、
こちらもiphoneを使うようになったため、
iphoneのメモに書いたり、Siriを呼び出して、
喋った言葉をメモ
させている。

結局、アナログで管理していたことが、
ここ数年をかけてデジタル化されて、
自分の頭の中身もデジタルで管理することに
慣れた。

数年前、googleカレンダーを使い始めた頃は、
自分の頭がデジタルについていかず、
スケジュールを入れても頭に入らないことが
多かったが、デジタルでも大丈夫になってきた。

今は手帳も併用しているが、手帳を開くことが
少なくなり、スケジュールを確認する時は、
デジタルを先に確認。

スケジュールの記入も、一番にiphoneの
Refilles Lifeに入力する。

ちょっとした外出、例えば生鮮食品の買い物や
息子の学校行事などには手帳は持ち歩かなくなった。

忘れずに持ち歩いているのがiphoneなので、
基本のスケジュール管理はiphoneから行っている。

家に帰ってパソコンの前に座っている時には、
googleカレンダーとEvernoteは開きっぱなし。
必要なスケジュールは手帳に書き写す。

以前はパソコンの横で手帳を開きっぱなしに
していたが、それもしなくなった。

毎朝、とりあえずスケジュールを確認し、
タスクなど忘れていけないことを
googleカレンダーに入力する。
手帳よりもこちらのほうが、忘れていても
リマインダーで教えてくれるので、
安心できる。

手帳は考えるために必要

それなら手帳は必要ないか・・・。
やはり、今の私にはまだ手帳は必要。

手帳のマンスリーのカレンダーを見ながら、
ひと月のスケジュールを考え、
同じくバーチカルを見ながら、1日のスケジュールを
埋めていく。

その日のバーチカルの上の部分の空きスペースに
タスクを書いて、それをスキマ時間に埋め込む。

タスクと時間の関連を考えてスキマに
埋め込むのは手帳のほうがやりやすい。

私にとってはバーチカルは
朝6時ぐらいから、夜10時ぐらいまでが必要で
夜間は必要ない。

本田健さんのバーチカルは朝の6時から
夜の10時まで書けるようになっているので、
私の要望に合っている。

本田健さんの手帳の特徴

他の手帳になくて特徴的な部分といえば、
「ランデブーポイント」「シンクロニシティー」を
書くページがあること。

本田健さんの本「決めた未来しか実現しない」を
読んでいると「ランデブーポイント」について書いてある。

「ランデブーポイント」とは、
“願望実現に必要な要素がすべて引き寄せられる
「場所」であり、願いが叶う「地点」なのです”
とその本に書いてある。

手帳には6項目に渡って、ランデブーポイントについて
書くことができるスペースが作られている。

「シンクロニシティー」についても先程の本に
”「一見偶然に見える」出来事が人生を作っている”
と書いてある。

月日、内容、感じたことが書けるスペースが
作られている。

来年の手帳が発売されるのが9月頃。
故にいつからか10月初まりの手帳が増えてきた。

しかし、今年の手帳が少なくとも来年の1月ぐらいまでは
残っている。

これを使わずして来年の手帳に乗り換える。
早く新しい手帳が使いたいから・・・。

これも何かもったいないような・・・。
自分は個人で仕事をしているわけではないので、
何ヶ月も先の個人的なスケジュールが
決まることもない。

本田健さんの手帳はマンスリーは
前年の12月から翌年の3月まで。
バーチカルは前年の12月から翌年の1月第1週まで。

バーチカルが余分にあると、それだけ手帳が分厚くなり
重くなるため、バーチカルは必要最小限にしたい
私の今の思いと一致している。

方眼、月の満ち欠け、二十四節気、六曜、年齢早見表は必要

ほぼ日手帳を使い始めて方眼の便利さに
気づいた私。
線だけよりも方眼のほうが、断然、書きやすい。
箇条書きにする時なども方眼があると便利だし、
チェック欄も方眼があると書きやすい。

私の手帳から方眼は外せない。

最低でも新月と満月が手帳に書いてあると私は助かる。
月や星の動きは別のカレンダーで確認しているが、
月の満ち欠けが書いてあると有り難い。

何かを始める時は新月の時が良いし、
満月の時には何が収穫できたか確認したい。

野菜を作っているので、二十四節気は大事にしたいし、
お葬式が出来た時に手帳に六曜が書いてあると
いちいち六曜が書いてあるカレンダーで確認する
手間が省ける。
年齢早見表も載っていないよりは、載っていたほうが
便利。

まとめ

本田健さんの手帳は、私の要望をほぼ
実現した手帳とかんがえられる。

若干、気になるところは方眼の1マスの大きさ。
私にとっては少し小さい。

お気に入りのボールペンが三菱ジェットストリームの0.5。
近視、乱視、老眼が入ってきた私にとっては、
方眼のサイズが小さいと、見にくい、書きにくいことは
否めない。

幸いにも近視なので、裸眼のほうが近くは見えるので
有り難いが、老眼だとこの方眼のマスに裸眼で
書き込むことは難しいかもしれない。

長々と文章を綴ってきて何が言いたいかと言えば、
自分はこの手帳を引き寄せたのでなはないか・・・。

©:2016みぜっとの6割主義でゆるく生きる